よくあるご質問

「児童発達支援・放課後等デイサービスについて教えてください。」

児童発達支援とは、小学校就学前の6歳までの障害のある子どもが通い、日常生活の自立支援や機能訓練を行い

保育園、幼稚園、遊びや学びの場を提供し障害児への支援を目的にしています。

​放課後等デイサービスとは障害のある就学児童(小学生から中学生)が学校の授業終了後や長期休暇中に通う事の出来る施設で、生活向上の為の様々なプログラムが行われています。

「児童発達支援・放課後等デイサービス CAMPのコンセプトや特徴は?」

放課後等デイサービスCAMPのコンセプトは、デイサービス卒業時までにキャンプ体験(身辺自立を含めた本当の生きる力を育て育む)ができる児童を育てるをコンセプトにした施設です。自然体験は、天候や気温など自分ではコントロールできない事ばかり、調整力・対応力・判断力・調和力・協和力など様々な力が必要になります。そんなCAMPをテーマにワクワクの感情を大切に楽しみながら生きる力を養う施設です。当施設では、主に3つ体験部屋とウッドデッキ部屋があり、ゆっくり自然体験部屋・がっつり運動体験部屋・しっかり学習部屋・わくわくウッドデッキ部屋その日の子どものコンディションや活動に応じて目的の部屋で独自の療育プログラムを展開しています。

「コロナの対応について教えてください。」

子ども達が来所する前、来所後には必ず、施設内、送迎車アルコール消毒を徹底しています。施設内の換気は、1時間に最低1回は徹底しています。職員には出勤前・出勤時に体温チェックし日々の体調の管理を行っています。利用児童には、送迎時の車に乗る前の消毒、来所後、手洗い・うがい・再度消毒・検温をして体調の様子を聞き取りしています。日々の活動も、児童の3密を防ぐため、3つも体験部屋(自然部屋・運動部屋・学習・療育部屋)に児童を散らして活動をしています。児童のお迎えに来所される保護者の方々には、マスクの着用厳守をお願いし、お迎えの際も玄関先やウッドデッキのタープ・テント部屋の施設外の部屋で対応させて頂いております。

「体験入所は出来ますか?」

施設見学や体験はいつでも大歓迎です。

但し、定員数に限りがございます、興味を持たれた方はお早めに電話、又、メールでお問合せ下さい。

メールの場合は、施設体験希望日や氏名・住所・連絡先・児童の年齢などを明記ください。

スタッフより折り返し連絡させて頂きます。お気軽にご相談ください。